50th_pa

50th_pa page 117/130

電子ブックを開く

このページは 50th_pa の電子ブックに掲載されている117ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
産業技術短期大学での2年間私は2年間、この産業技術短期大学に通ってたくさんのものを得ることができました。まず一つ目は、友人です。2年間という4年制大学よりも短い期間にも関わらず、とても素晴らしい同級生....

産業技術短期大学での2年間私は2年間、この産業技術短期大学に通ってたくさんのものを得ることができました。まず一つ目は、友人です。2年間という4年制大学よりも短い期間にも関わらず、とても素晴らしい同級生や後輩に恵まれ、楽しい学生生活を終えることができました。他にはないこの大学の特色として、様々な世代が企業派遣学生として高校を卒業してから入学した一般学生と勉学を共にしているとう点があります。私は他の一般学生とは少しだけ異なり、大学を卒業してからこの産業技術短期大学に入学しました。以前の学校では、友人といえば同世代で年の差はあっても1つや2つ程度でしたが、10も離れた人との交流はほとんどありませんでした。そのため、率先してリーダーシップを取る人はほとんどおらず、クラスは基本的にバラバラで、学校でまとまって何かをするということはありませんでした。しかしこの2年間は、クラスはおろか学校全体が団結して様々な行事が行われていました。これは他の大学にはない、誇るべき特色であるとおもいます。このような校風があるからこそ、とても多くの人と交流することができ、素晴らしく楽しい学生生活を送ることができました。二つ目は知識です。私は今まで文系であったため、理数系の勉強を全くと言っていいほどしたことがありませんでした。それがこの学校に入学すると、材料力学や流体力学、微分積分や線形代数など今までに見たこともない数式や記号が出てきたり、また実験のレポートは今までに書いていたレポートとは全く異なっており何度も再提出になるなどとても悩まされました。しかし、同じクラスの友人や私が在籍した機械科や他の電気・情報・システムの諸先生方に助言を頂くことで少しずつですが理解することができました。短期大学での2年間は長い人生から考えればとっても短く、一瞬でしかありません。ですが、自治会長としての経験やかけがえのない友人・多くの知識を得ることができ、忘れがたいとても大切な時間を過ごすことができました。ここで学んだことはこれからの人生に大いに役立つこととなるでしょう。本当にありがとうございました。機械工学科卒業町田美樹102