50th_pa

50th_pa page 82/130

電子ブックを開く

このページは 50th_pa の電子ブックに掲載されている82ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
COLLEGE OF INDUSTRIAL TECHNOLOGY 50th ANNIVERSARY人材開発センターの現況1.はじめに人材開発センターは、昭和49年2月に設立され、各種研修、通信教育を開設している。現状は、鉄鋼関連業界社員全体のレベルア....

COLLEGE OF INDUSTRIAL TECHNOLOGY 50th ANNIVERSARY人材開発センターの現況1.はじめに人材開発センターは、昭和49年2月に設立され、各種研修、通信教育を開設している。現状は、鉄鋼関連業界社員全体のレベルアップを目的に、センター職員一丸となり、さらなる研修、通信教育の質向上を目指し、活動中である。2.活動状況右表に各種研修、および通信教育の主な実施内容を示す。各種研修では、監督者テーマ別、中堅リーダー、若手社員テーマ別の3研修の受講生が多い。これは、人材開発センターの特徴を生かした他社交流と懇親会、部課長講演が好評なためであり、人気研修となっている。通信教育では、各社社員の基礎学力向上のニーズが高いことから、基礎科目の数学、共通科目の機械、油圧、電気、金属材料、IE、QC等の受講生が多い。下表に各種研修、通信教育受講生の累計推移を示すが、当センター設立以来平成23年度迄の累計は、各種研修会40,976名、通信教育576,490名であり、多くの鉄鋼関連業界社員に受講して頂いている。各種研修内容1.監督者研修(FDP)2.監督者テーマ別研修3.中堅リーダー研修4.若手社員テーマ別研修5.新入社員研修6.AIA研修7.ヒューマンスキル研修8.コミュニケーションスキル研修9.職場の問題解決研修10.鉄鋼材料研修11.管理者セミナー12.管理基礎研修13.知的生産性向上研修14.企業派遣生研修他通信教育1.基礎学科金属材料数学(5科目)鉄鋼概論(2科目)物理学(2科目)IE化学(2科目)QC2.共通科目3.部門科目機械(4科目)製銑(5科目)製図製鋼(5科目)油圧(2科目)分塊(6科目)潤滑条鋼(3科目)燃料・燃焼厚板(4科目)電気(3科目)薄板(9科目)鉄鋼材料研修計装一般鋼管(10科目)各種研修会、通信教育受講者数推移項目~平成13平成14平成15平成16平成17平成18平成19平成20平成21平成22平成23研修会受講者数7916876928599781,0191,0381,1409649791,046(累計)31,57432,26132,95333,81234,79035,80936,84737,98738,95139,93040,976通信教育受講者数4,6053,4463,3923,5863,9584,4136,5878,5169,0549,1499,545(累計)514,344513,290521,682525,268529,226533,639540,226548,742557,796566,945576,49067