50th_pa

50th_pa page 85/130

電子ブックを開く

このページは 50th_pa の電子ブックに掲載されている85ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
同窓会活動1.活動目的会員相互のレベルアップと和の拡大を目的としている。人と人のつながりはとても大切であり、同窓会を通じて、いろいろな人とお付き合いができるということは、すばらしいことであると思う。さ....

同窓会活動1.活動目的会員相互のレベルアップと和の拡大を目的としている。人と人のつながりはとても大切であり、同窓会を通じて、いろいろな人とお付き合いができるということは、すばらしいことであると思う。さらに、学術的・文化的な情報収集の場としても、大きな価値がある。2.活動内容1同窓会総会の開催(2年に1回)2大学の入学式・卒業式への出席3飛翔祭への参加(野菜市共催)学生との協議により、大学祭(飛翔祭)において、野菜市を共同開催し、学生だけでなく近隣住民との交流を深める役割を担っている。4在学生(準会員)への資金援助在学生が有意義な学生生活を送れるよう、学生自治会を経由し学生行事等に対する支援を昭和43年(1968年)より行い、現在も継続支援している。5大学への援助(記念品贈呈など)会員の学術交流とその向上、及び産業技術短期大学の研究活動の助成などを目的として、平成4年(1992年)に設置された「白塔会学術基金」より、平成8年度~平成21年度まで2年に1回ではあるが、下表に示す寄贈を行った。大学への寄贈一覧年度主な寄贈品6各支部、クラス会の活性化支援各支部においては、スポーツイベント等行事への支援、クラス会については、クラスの和をつなぐための支援を行っている。7教職員との交流役員会議等開催時に大学教職員にも出席いただき、大学の現況報告など意見交換を行い、同窓会として協力できることを検討している。8学術的な諸活動の支援平成21年(2009年)以降、大学と同窓会において協議し、これまで行っていた寄贈を「資格取得奨励賞」に変更し、指定した資格または各種検定試験に合格した在学生に対し、贈呈している。3.同窓会の現況現在、会員数は約1万2千人おり、支部が、北海道・東北・関東・東海・北陸・関西(東)・関西(西)・中国・四国・九州・韓国・台湾の12支部あり、支部ごとに様々な活動を行っている。4.おわりに大学では、少子化の影響もあり、学生募集に関していろいろな対策を行っている。同窓会としても、母校のさらなる発展を願い、大学とタッグを組み、学生募集への協力を行っている。今後も、大学と色々な形で協力し合い、共に発展し続けるよう、取り組んでいきたい。平成8年度ビデオテープ他11年度ビデオ(設計業務の基礎知識他)12年度(特別支給)ビデオ(機械加工シリーズ他)13年度ビデオ(プロジェクト他)15年度ビデオ(Let’s see the world)17年度雑誌架一式19年度回転式書架21年度雑誌架一式21年度資格取得奨励賞用図書カード70