• 大学案内
  • 学科・専攻科
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職・編入学・資格
  • 産官学・地域連携
大学案内

ご支援(募金)のお願い(終了しました)

産業技術短期大学は、平成24年に50周年を迎えました。

産業技術短期大学創立50周年記念事業に対するご支援のお願い

 産業技術短期大学は、昭和37年(1962年)に関西鉄鋼短期大学として開学して以来、「鉄鋼業並びにその関連産業はもとより、広くその他の産業界等の将来を担いうる学力と識見を備えた技術者を育成する」という建学の精神に基づき、「ものづくりを中心として、科学技術立国をめざす我が国産業界の要望に対応した技術者教育」、「基礎学力の充実と実学重視の工学教育」、および「教養豊かで、視野の広い社会人としての人間形成教育」の教育理念のもとに技術者の育成に邁進してきました。これまでに送り出した卒業生は1万2千余人に達し、産業界の多くの分野で活躍しております。

 さて今日、教育機関は、その社会的責任を果たすために、絶えず教育研究活動の活性化を図り、質の向上に努めることが求められております。

 ただ、ご承知のとおり、昨今の私学を取り巻く状況は少子高齢化、技術革新、情報化が急速に進み、教育研究環境は大きな変化を余儀なくされております。本学は、創立50周年を急激な変革の時代に対応すべき節目の年であると捉えており、このような時代の変化にも柔軟に対応し、質の高い教育研究を推進し、さらに、さまざまな支援活動を展開し、未来を担う若者の育成に努めて参る所存でございます。そのためには教育環境の整備は喫緊の課題であるとともに、さらなる充実を図る必要がございます。

 ここに寄付へのご支援ご協力をお願いする次第であります。

 現在の社会・経済環境が甚だ厳しい状況にあることは充分に承知いたしているところであり、このような時に、ご寄付のお願いをいたしますことは、大変心苦しく存じますが、私どもの教育研究に対する姿勢をご賢察いただき、何とぞ温かなご理解とお力添えを賜りたくお願い申し上げます。


産業技術短期大学 学長
牛尾 誠夫

平成24年4月

50周年記念事業について

1.Eco(エコ)キャンパスの推進

(1) 趣旨

 現在、国際社会においては、地球温暖化防止の推進が喫緊の課題とされています。

 その中でも、特に、二酸化炭素は温暖化の主たる要因とされており、その排出量の削減に向け、さまざまな取組みが広く行われています。

 一方、東日本大震災による原子力発電所の事故が契機となり、我国の電力供給能力に大きな不安が生じています。

 このような状況下、省エネルギーの推進や再生可能エネルギー活用への取り組みは、もはや私どもの社会的責務となっております。

 本学においても、創立50周年記念事業として、代表的なクリーンエネルギーである太陽光発電により、現在の最大使用電力の10%(50kw)に相当する電力を自前で賄うものとしたいと考えております。

(2) 資金計画

総額:6,000万円
目標募金額:1,800万円

2.プロジェクト活動の推進

(1) 趣旨

 本学では、「ものづくり工作センター」において、プロジェクト活動を進めており、競技大会等に積極的に参画しています。平成23年度は、鈴鹿サーキットで開催された乾電池により走行するエコカーや愛媛県松山市で開催されたソーラーカーの競技会に参戦し、それぞれ部門優勝を果たしました。

 現在は、このような結果に甘んじることなく、新たに、ロータスヨーロッパEVカーや空飛ぶ絨毯プロジェクトに精力的に取り組んでいます。

(2) 資金計画

総額:1,000万円
目標募金額:200万円

3.奨学金制度の拡充

 現在、本学においては、「30周年記念事業」として発足した産業技術短期大学奨学金制度が設けられております。

 しかしながら、昨今の社会状況等により、経済的困窮度が高い学生が増加していることから、50周年を記念して産業技術短期大学奨学金制度を拡充いたします

産業技術短期大学創立50周年募金要項

募金の名称

 産業技術短期大学創立50周年記念事業寄付金

募金の目的

 産業技術短期大学におけるキャンパス環境の整備・充実、および学生のプロジェクト活動の支援
PDF ご支援(募金)のお願い 詳細はこちら pdf版 PDF

募金の対象

 地元企業・団体、鉄鋼関連企業・団体、および教職員・同窓会等大学関係者、ならびに一般の方

募金対象事業

  • Eco(エコ)キャンパスの推進
  • プロジェクト活動の推進

募金目標総額
2,000万円

募金対象事業

ロータスヨーロッパを電気自動車に改造(完成予想)

  • 募集期間
    2012年5月より2013年3月
  • 寄付金
    • 個人1 口 1,000 円
      (※できるだけ2口以上お願いできれば幸いです。)
    • 法人1 口 20,000 円
      (※できるだけ2口以上お願いできれば幸いです。)
  • 払込方法

    同封の「払込用紙」により直接最寄りの金融機関からお払い込みください。
    みずほ銀行の本支店をご利用いただければ振込手数料はかかりません。

  • 寄付金に対する税制上の優遇措置
    • 1) 個人の場合

       お払い込みいただきました寄付金につきましては、年間で2,000 円を超える金額に対して、確定申告の際、年間所得の40%を限度として所得控除を受けることができます。なお、ご希望される方には、寄付金控除に必要な「寄付金受領書」と「特定公益増進法人証明書(写)」を、後日本学より送付いたします。

    • 2) 法人の場合

       産業技術短期大学への寄付金は、特定公益増進法人への寄付金として、一般の損金算入限度額と別枠で損金に算入することができます。
      ※ 損金算入限度額=(資本金×0.25%+当該年度所得×5.0%)×1/2

お問い合わせ

産業技術短期大学 総務課 
〒661-0047 尼崎市西昆陽1丁目27番1号
TEL 06-6431-7001  E-mail sohmu@cit.sangitan.ac.jp

個人1万円以上・法人4万円以上ご寄付いただいた場合には、ご芳名を本学のホームページで順次掲載させていただきます
なお、匿名を希望される場合は、ご意向に従い取り扱わせていただきますので、総務課までご連絡くださるようお願いいたします。

ページの先頭へ

QRコード 産業技術短期大学-未来を開く鍵がある
〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽1丁目27-1 TEL.06-6431-7561 / FAX.06-6431-5998