Q&A
(学生生活・進路等)

Admissions Information

Q&A(学生生活・進路等)

  • Q1.入学試験合格後、入学までにやるべきことはありますか。

    学習については、本学入学後にスムーズに授業を受講できるよう、教科書の復習などに取り組んでください。合格者には「入学のしおり」をお送りしますので参考にしてください。この中で入学までの勉強についても述べています。また、推薦入試・AO入試(前期)合格者には入学前準備教育(数学のプログラム)を実施しています。

  • Q2.入学から卒業までの費用について教えてください。

    本学の学費として入学金、授業料、学園維持金(設備費)が必要です。その他諸会費(学生自治会費)が必要です。これらの学費等の他に、書籍代、生活費がかかります。自宅通学の場合は交通費、自宅外通学の場合は住居費等を考えておく必要があります。
    学費などの金額等につきましては、大学案内「産業技術短期大学2019」または、別冊「2019年度入学試験要項」を参照してください。

  • Q3.英語を選択して受験した場合、入学後の授業で困ることはありませんか。

    Q4.商業系・文系出身なのですが、入学後の授業で困ることはありませんか。

    Q5.工業系出身なのですが、入学後の授業で困ることはありませんか。

    Q6.数学Ⅰしか履修していませんが、入学後の数学について教えてください。

    Q7.高校で物理を履修していなかったのですが、入学後授業についていけるか心配です。

    本学は工学系の短期大学ですから、理数系の科目は、入学後専門科目を学習する上で重要です。これらの科目について不安をお持ちの方もおられるとは思いますが、本学では全学科とも主に1年次前期に数学等の基礎科目を開講しています。英語を選択して合格した人や、商業系・文系や工業系出身の人達がこれらの科目を履修することによって専門科目を学ぶために必要な基礎を学ぶことができます。物理について、とくに機械系および電気電子系は、高校で学ぶ物理の基礎が必要になります。高校の教科書の例題を使って、勉強を進めておいていただくと入学後の学習がスムーズです。できる範囲で準備しておいてください。
    また、入学後、理数系科目を中心に授業の復習など「わからない」を「わかるように」サポートする「学習支援室」を設け、個別での対応も行っています。なお、工業系学科出身の人は、基礎的な専門科目をすでに学んでおられるので、本学の授業にスムーズに取り組めます。

  • Q8.授業時間割について教えてください。

    本学の授業時間は1限が90分間です。1時限は9:00~10:30・2時限は10:40~12:10・3時限は13:00~14:30・4時限は14:40~16:10・5時限は16:20~17:50となっています。 ただし、高校までと違って、科目の受講はほとんど選択制であり、時間割によっては空き時間ができます。空き時間は予習・復習やレポート作成等に活用してください。

  • Q9.クラブ活動について教えてください。

    授業や大学行事(大学祭や体育祭など)が学生生活の全てではありません。本学には野球部やサッカー部など体育系16、また軽音楽部や茶道部など文化系5つのクラブがあります。 クラブ活動に参加して、学生生活をより充実したものにすることをおすすめします。クラブでの活動の経験は卒業後社会へ出てからも必ず活きてきます。
    また、クラブ活動のほかにも「ものづくりプロジェクト」活動にも参加することができます。

  • Q10.卒業後の進路について、多彩な選択肢があると聞きましたが、どのような選択肢がありますか。

    選択肢は次のとおり大きく分けて2つあります。
    • 1.「就職」…産業界からの信頼により、本学には安定した求人があります。
    • 2.「4年制大学への編入学」…編入学を志望する者の多くが国公立大学をはじめとする希望する4年制大学の3年次に編入学しています。(一部2年次編入学あり)
  • Q11.卒業後、どんな学位が授けられるのですか。

    本学は「短期大学」ですから、「短期大学士」の学位が授けられます。

ページトップへ戻る