• 大学案内
  • 学科
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職・編入学・資格
  • 産官学・地域連携
大学案内

オープンキャンパス

今後のオープンキャンパス

日程

2017年

  • 9月24日(日)
  • 11月26日(日)

2018年

  • 2月18日(日)
  • 3月18日(日)

【9月~3月】12:45~16:00

※事前にご連絡いただければ、上記日程以外の日でも日程調整のうえ、いつでも本学キャンパスを見学できます。


2017オープンキャンパス学科体験一覧

※以下、お好きな日にちをクリックしてください、各日にちの模擬体験授業一覧をご覧頂けます

8月13日(日) 学科体験一覧 テーマ・内容等

学科 内容
機械工学科 テーマ:人間型ロボットを動かしてみよう
 ロボットはどのような仕組みで動いているか知っていますか?この体験授業では、ロボットの動く仕組みをお話しします。また、実際にロボットを使い、その動かし方を体験してもらいます。人間型ロボットの関節は、サーボモータと呼ばれるモータを組み合わせてつくられています。各サーボモータに角度を決める指令値を与え、それを連続的に動かすことでロボットの動作をつくることが出来ます。ホンダのアシモ、ソフトバンクのペッパー君も基本的な原理は同じです。近い将来、ロボットと暮らす社会がやってくることでしょう。少し未来を体験してみませんか?!
電気電子
工学科
テーマ:回路を組み立てて半導体の働きを調べよう。
 ほとんどの電子機器、たとえば、スマートホンや携帯電話、パソコンやテレビ等には、半導体といわれるものがぎっしりとつまっていて、いろいろなところに使われています。たとえば、これらの機器を使うときには、充電や電源を入れるために、壁にあるコンセントにコードをつなぎますが、このコードにつながっているところにも、半導体といわれるものが、さりげなく大活躍しています。さあ、この半導体といわれるものの働きぶりを、一緒に回路を組み立てながら、とくと調べてみることにしましょう!
情報処理
工学科
テーマ: ディジタル音声処理の仕組みを学習しよう ―音声信号のディジタル表現―
 「音」は空気が振動することで伝わっていきます。この振動をマイクでアナログな電気信号に変換し、その電気信号をディジタル信号に変換すると、コンピュータで色々な処理をすることができます。本テーマでは、音の三要素である高さ、強さ、音色について目で見て、耳で聞いて体感してみましょう。はじめに、母音やウクレレ、ディナーチャイム等の音声の波形信号を観測した後、音声をディジタル録音し、音声波形をグラフ化して「音声」の特徴を調べていきます。
ものづくり
創造工学科
テーマ:PCを分解してみよう
 自宅にPC(パーソナルコンピュータ)をお持ちの方が随分増えてきました。
でもふたを開けて中身を見たことはあるでしょうか?
このテーマではPCを分解してPCの内部を見てみます。
まず、台や筐体(きょうたい)を外します。
次に、拡張スロットやHDD(ハードディスクドライブ)やDVDドライブを外します。
分解しながら、設計者がどんな工夫を施(ほどこ)したか、を考えましょう。
 この体験授業を通して、世の中の様々なものづくりが「企画→設計→製作」の手順で行われることを知って欲しいです。

8月20日(日) 学科体験一覧 テーマ・内容等

学科 内容
機械工学科 テーマ: 物質の硬さを調べてみよう
 「硬さ」ってなんでしょう?「かたい」「やわらかい」という言葉はふだんから使いますが、「では、はっきりした定義は?」となると、「これだ!」というものをご存知でないかもしれません。
機械部品によく使われる金属材料はもちろんのこと、ゴム、運動用のグラウンド、豆腐や飲み水、さらにはスポーツの戦術や人間の気質にも「かたい」「やわらかい」といった表現が使われます。
今回の体験授業では、専用の試験機も使い、いろいろな物質の硬さを測ります。
電気電子
工学科
テーマ:回路を組み立てて半導体の働きを調べよう。
 ほとんどの電子機器、たとえば、スマートホンや携帯電話、パソコンやテレビ等には、半導体といわれるものがぎっしりとつまっていて、いろいろなところに使われています。たとえば、これらの機器を使うときには、充電や電源を入れるために、壁にあるコンセントにコードをつなぎますが、このコードにつながっているところにも、半導体といわれるものが、さりげなく大活躍しています。さあ、この半導体といわれるものの働きぶりを、一緒に回路を組み立てながら、とくと調べてみることにしましょう!
情報処理
工学科
テーマ: Processingでアニメーション
 Processingっていうプログラミング言語を聞いたことがありますか? 画像やアニメーションなどビジュアルな表現を得意とする言語で、デザインやアートの分野でも使用されています。 今回はProcessingを利用して紙にスケッチするように簡単な絵を作って、さらに画面上を動き回るようなプログラムを作ってみます。 少し工夫を加えれば簡単なゲームを作ることもできます。 プログラミングの経験が無くても大丈夫なので、ぜひ挑戦してください。
ものづくり
創造工学科
テーマ: PCの分解してみよう。
 自宅にPC(パーソナルコンピュータ)をお持ちの方が随分増えてきました。
でもふたを開けて中身を見たことはあるでしょうか?
このテーマではPCを分解してPCの内部を見てみます。
まず、台や筐体(きょうたい)を外します。
次に、拡張スロットやHDD(ハードディスクドライブ)やDVDドライブを外します。
分解しながら、設計者がどんな工夫を施(ほどこ)したか、を考えましょう。
 この体験授業を通して、世の中の様々なものづくりが「企画→設計→製作」の手順で行われることを知って欲しいです。

8月27日(日) 学科体験一覧 テーマ・内容等

学科 内容
機械工学科 テーマ: 金属を破壊する瞬間を見てみよう
 みなさんは金属を引っ張って破壊する瞬間を見たことがありますか?金属を引っ張って壊すと言っても、直径14 mmの丸棒は人間の手では壊せません。金属を引っ張って壊すにはとても大きな力が必要です。この体験授業では、引張試験機を用いて3種類の金属の棒に大きな力を与えて、破壊する瞬間を見てみます。破壊するまでの金属棒の変化は、見たことのない驚きの連続です。今まで感じたことのない金属の世界を是非味わってみましょう。
電気電子
工学科
テーマ:モーターの原理を勉強しよう!
 電気的エネルギーを機械的エネルギーに変換する代表的な機器に、「モーター」があります。これは、磁界中に置かれたコイルに電流を流すと、コイルは磁界から力を受ける現象を応用しています。このとき、電流と磁界、力の向きの関係は、「フレミングの左手の法則」で表すことができます。オーディオ用の一般的なスピーカーも、実は同じ現象を応用しています。スピーカーが電気的エネルギーを「往復運動」に変換するのに対して、モーターは「回転運動」に変換しています。さあ、実際にコイルを磁界中に置いてみて、コイルが回転する様子を確かめてみましょう!
情報処理
工学科
テーマ: プログラムを作ってロボットを動かしてみよう
 最近ニュースで様々なロボットに関する記事がたくさん見られます。それらのロボットの中にはコンピュータが入っていて、それを動かすためのプログラムが備わっています。
 今回の体験授業では、ブロック玩具で有名なLEGO社が開発したMindstormsというロボット製作キットを用いて、ロボットを動かすためのプログラミングを体験してみましょう。 「プログラミングは難しそうでちょっと…」と言うあなたでも大丈夫、とても簡単にプログラムが作れます。是非体験しにきてください。
ものづくり
創造工学科
テーマ:3次元CADを用いてモデリングに挑戦しよう
 CADとはComputer Aided Design(またはDrafting、Drawing)の略で「コンピュータ支援設計」と訳します。
このテーマでは3D(3次元)CADソフトウェアを使って、立体のモデリングに挑戦します。
まず、立方体をコンピュータの仮想空間の中で作りながら、3D CADソフトウェアの基本的な使い方を学びます。
具体的には①四角を描く、②寸法を設定する、③押し出す、④平面を定義する、⑤定義した平面に円を描く、⑥寸法を設定する、⑦押し出す(穴をあける)、という手順で進めます。
 次に、サンプルのモデルを3D CADソフトウェアの中で動かしてみます。

合同進学相談会(進学ガイダンス)

 本学はさまざまな大学が集まって各地で開催される、合同進学相談会(進学ガイダンス)に参加しています。
本学ブースでは、資料だけでは語りつくせない具体的なことについて、担当者と個別に相談できます。
次回は 9 月ごろに開催される、合同進学相談会(進学ガイダンス)に参加します。
参加会場が決定次第、こちらでお知らせいたします。


オープンキャンパス写真集はこちら

ページの先頭へ

QRコード 産業技術短期大学-未来を開く鍵がある
〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽1丁目27-1 TEL.06-6431-7561 / FAX.06-6431-5998