★社会への貢献・それが学生の未来を豊かにする

 産業技術短期大学は、「産業界とのつながりを深める」ことがとても大切であると考えています。これは本学が鉄鋼業界により設立された大学だからでもありますが、教育はもちろん研究も大切に考えている本学にとって、研究成果(企業にとって商品開発の種となるもの)を社会に提供することは、重要な役割の一つであると考えているからです。さらに、産業界とのつながりが深いほど、学生にとって「産業界(=将来予想される就職先・仕事)に直結した学び」が可能になります。
 また、「地域社会とのつながりを深める」ことも大切であると考えています。というのは、住民はもちろん、企業や学校なども、そのエリアの構成員として、お互いに支えあって日々の生活・事業を営んでいるからです。さらに、地域社会のなかでも特に地元企業との交流が深ければ、学生にとって「身近な企業への就職」の機会が増えることになります。
 このように、学生の期待に応え、産業界や地域社会とのつながりを深めるために、産業技術短期大学は「産官学連携」を推進しています。

→このページのTOPへ
→前のページへ
→携帯サイトのTOPへ