社会人短期教育について
企業向け

Short-term Course for Working Adults

社員の「学び」をコーディネートします

社員の技術力アップは経営者の責任です。
「技能は手とり足とりで伝承している。でもその背景にある理論の知識があれば、もっと会社が発展するのに…何とかならんか」
そのようにお考えの「モノづくり」会社の社員教育担当の方に 社会人教育に半世紀の伝統をもつ産業技術短期大学がお手伝いします。

受講までの流れ

  • まずは、お電話でご連絡ください。(TEL.06-6431-7004)
    相談は随時受付いたします。
  • 本学教員であるコーディネーターが、貴社のご希望を伺い、適切な履修モデルを提案いたします。
    相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
  • ご納得いただきましたら、所定の期間内にご出願ください。
  • その後、出願書類審査等の手続を経て決定します。

コーディネート例

社会人短期教育モデル等一覧

教育の特色

  • 1. 本学は日本鉄鋼連盟が設立した技術系短期大学であり、企業からの派遣社員を中心とする教育を約50年にわたり行っていますので、社会人教育に関するノウハウを有しています。
  • 2. 職場で必要とされる分野の科目をお選びいただき、科目等履修生として学びます。
  • 3. 実験等の科目も用意していますので、より実践的な切り口から専門知識が修得できます。
  • 4. 本学では、約2割の学生が鉄鋼メーカー等から派遣された社会人学生ですので、これらの学生と共に学ぶことにより、他の企業人との交流や人脈づくりに活かすことができます。

受講費用

講義・演習科目 多くの場合、1科目あたり46,000 円です。
※ 計算基準:23,000 円/単位
実験実習等科目 多くの場合、1科目あたり99,000 円です。
※ 計算基準:33,000 円/単位

ページトップへ戻る