• 大学案内
  • 学科
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職・編入学・資格
  • 産官学・地域連携

ものづくり創造工学科

システムデザイン工学科は、名称変更し、ものづくりの基礎を学び、
創造力を身につけることを目的としたものづくり創造工学科に生まれ変わります。

ものづくり創造工学科は、機械系科目を基礎に実学重視の教育を行うことを目指しています。 理論的な学習だけではなく、実習を充実させています。加工実習やロボット組み立てなどを行います。 また、設計・デザインに関する科目を学ぶことができます。将来はものづくりに関わる技術者を目指します。

◎ものづくりの基礎を学び、将来はものづくりの仕事に!
◎創造する力を身につける
◎幅広い将来の選択肢


学びの概要

1.ものづくりのプロセスを学ぶ

体験を通して学んでいく。それが、ものづくり創造工学科の教育です。
ものの硬さ、軟らかさ、弾力性など,実物に触れることで多くのことを学ぶことができます。
まずは、さまざまな道具の基本的な使い方を学びます。
その後は、各自が創造力を働かせて、ものを作っていきます。
実物に触れ、学んでいくことで、将来の日本を支える技術者を育てていきます。


2.設計

コンピュータを駆使したものづくり(CAD/CAM/CAE)について学びます。

3.加工・試作

手作業による加工を行うとともに、様々な機器を活用して部品を作ります。

4.製作

できあがった部品を確認し、組み立てていきます。構想したとおりの形にできあがっていく過程がものづくりの醍醐味です。


ページの先頭へ

QRコード 産業技術短期大学-未来を開く鍵がある
〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽1丁目27-1 TEL.06-6431-7561 / FAX.06-6431-5998