• 大学案内
  • 学科
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職・編入学・資格
  • 産官学・地域連携
学科

情報処理工学科 Information Processing Engineering

実験・実習

情報処理工学科 実験・実習Web体験

情報処理実験 Ⅰ

1.制御用のプログラムの作成

 プログラムによる動作制御を行います。制御用プログラムを作成してロボットの動きを制御します。

2.動作確認

 実際に動かしてみて、動きを確かめます。必要ならばプログラムを変更して意図したとおりに動くようにします。

情報処理基礎実験

1.音・音声の信号波形を観測する

 コンピュータに入力されたウクレレなどの信号波形をリアルタイムで表示・観測しどのようにディジタル化されるか調べます。

2.音・音声波形をグラフ化して特徴を調べる。

 入力された音・音声波形の周波数解析を行うとともに、ディジタルデータから和音を合成したりエコー処理を行うことで音の特徴を理解します。

卒業研修

情報処理工学科卒業研修(一部紹介)

UNIX(講師:豊田 信一)

UNIX
UNIX

 コンピュータを利用するために必要不可欠なオペレーティングシステム(OS)と呼ばれるソフトウェア。そのOSの中に「UNIX」系OSと呼ばれる一群があります。UNIX系OSは今まで企業の大規模システム等で使われることが多く、個人で利用することが難しいOSでした。しかし、最近では個人でも比較的簡単に利用することができる、サーバ用OSや組込みコンピュータ用OS等、UNIX系OSの活躍の場面は拡がってきています。我々の研修グループでは、代表的なPC用UNIX系OSであるLINUXを主に使い、今後ますます重要となるであろうUNIXサーバの構築・運用、UNIX用アプリケーション開発等についての研修を行っています。


ワイヤレスアプリケーション(教授:佐藤 清次)

デジタルアニメーション作成

 ケータイからスマホやタブレットへと進化し日常生活の中に深く浸透しているコンピュータ。これらコンピュータはWi-FiやBluetoothなどの無線通信で様々な周辺機器を制御することができます。 我々のグループでは、人間のジェスチャで制御する空飛ぶラジコンヘリや二足歩行ロボット、スマホで動くラジコンカー等の開発をしています。

卒業研修テーマ名(一例)

  • Visual Basic/Visual C++を用いたWindowsプログラミングに関する研修
  • マンマシンインタフェースに関する研修
  • Webアプリケーションに関する研修
  • ネットワークコンピューティングに関する研修
  • UNIX系OSの運用とアプリケーション開発に関する研修
  • CGアニメーション制作に関する研修
  • マルチメディアコンテンツの制作に関する研修
  • ゲーム制作に関する研修

ページの先頭へ

QRコード 産業技術短期大学-未来を開く鍵がある
〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽1丁目27-1 TEL.06-6431-7561 / FAX.06-6431-5998