• 大学案内
  • 学科
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職・編入学・資格
  • 産官学・地域連携
学科

機械工学科 Mechanical Engineering

実験・実習

機械工学科 実験・実習Web体験

レスキューロボット開発の研究プロセスをたどってみましょう

レスキューロボット開発の研究
レスキューロボット開発の研究

 阪神・淡路大震災以後、世界中でレスキューロボットの重要性が増しています。
ロボットデザイン研究室では、人命救助に貢献できるロボットの開発を目指しています。

実際の製作風景

ロボットの部品の設計
ロボットの部品の設計

 歯車のモジュールや歯数を決めて、歯車加工用データを作成します。

ロボットの部品の加工および動作確認
ロボットの部品の加工および動作確認

 移動ロボットの部品を加工し、ラックとピニオンを使った直動機構の動作確認を行います。

完 成

完成!

 ハンドロボットや移動ロボットなど、仲間と共に目標を決め、アイデアを出し合い、協力しながら卒業研修に取り組んでいます。あなたなら、どんなロボットをつくりたいですか?

卒業研修

機械工学科 卒業研修(一部紹介)

機械材料特性のモデル化(講師:森 英喜)

都市型低風速風力発電用風車の性能改善

 鉄やアルミニウムといった様々な金属は、私たちの便利な生活を影から支えている、縁の下の力持ちです。これら金属の強さや硬さといった「機械的特性」を知ることは、より良い社会を作っていくうえ非常に大切なことです。一見、単純で変化しないような金属も、原子レベルでみると、時々刻々ダイナミックに動いています。
私たちの研究室では、コンピュータの助けを借りることによって、これら原子の動きをとらえ金属の機械的特性を調べています。


新しいひずみ測定装置の開発(講師:堀 靖仁)

新しいひずみ測定装置の開発
新しいひずみ測定装置の開発

 「より長く、安全に、機械製品を使う」ためには、機械材料がどのくらいの強さで力が加わると、どれくらい変形して壊れるのか知る必要があります。機械材料の引張試験では、多くの場合ひずみゲージと呼ばれる、材料の形状の変化量(ひずみ)を測るセンサーを使用します。しかし、ガス管などに用いられるポリエチレンなどの一部の機械材料には、接着の問題でひずみゲージが使えません。そこで、どんな機械材料のひずみ測定することができる、新たなひずみ測定措置を開発しています。

卒業研修テーマ名(一例)

  • レスキューロボットの開発
  • マイクロフレームの数値解析
  • 転がりすべり疲労き裂発生進展挙動の連続観察
  • 表計算ソフトを用いた数値シミュレーション
  • 流動振動発電の研究
  • 製鋼プロセスに関する研究
  • 熱音響冷却デバイスに関する研究
  • 機械材料の強度解析システムの構築
  • 原子レベルからのマテリアルデザイン

ページの先頭へ

QRコード 産業技術短期大学-未来を開く鍵がある
〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽1丁目27-1 TEL.06-6431-7561 / FAX.06-6431-5998