お知らせ

本学の機械工学科の女子学生が第7回サイエンス・インカレのファイナリストに選出!

2018.02.19

3月3日(土)・4日(日)に文部科学省主催「第7回サイエンス・インカレ」研究発表会に機械工学科1年生の女子学生2名の研究グループが出場することになりました。厳正なる書類審査を通過し、ファイナリストとして参加します。
短大生の選出は本学のみです。

 彼女たちは、皮膚の弱い人でもファッションを楽しみながら衣服を選び、心豊かな暮らしができるよう、天然色素でシルクをあらゆる色に染めることを目標に研究しています。発表では、ムラサキイモ色素などを用いて、染色可能な色調幅を拡げる新しい染色法について披露します。

発表者と研究タイトルは次の通りです。

発表者

佐藤 明日香(機械工学科1年生)

井上 ひなた(機械工学科1年生)

研究タイトル

植物から得られる天然色素でフルカラー染色を目指す

発表部門

ポスター発表部門・文理融合系(生活科学)

【出場する学生からのコメント】

「支えていただいている方々への感謝の気持ちも込めて!2人で素敵な発表をしに行きます!」(佐藤 明日香 さん)

「短大に入学してからの学びを活かし、1年間積み上げてきた私たちの成果を発表します」(井上 ひなた さん)

EVENT.jpg                         

第7回サイエンス・インカレに参加する佐藤さんと井上さん

 現在、大会に向けてプレゼンテーションの準備中です。結果にご期待ください。



〔参考:サイエンス・インカレ研究発表会について〕

サイエンス・インカレは、理系学生が自由な発想で自主的に取り組む優れた研究を日本中から集め、文部科学省が開催する研究発表会です。未来をつくる科学技術人材を育成することを目的としています。

第7回サイエンス・インカレ
開 催 日:2018年3月3日(土)・4日(日)
開催場所:立教大学 池袋キャンパス(東京都豊島区)

〔URL:「サイエンス・インカレ」ホームページ:http://www.science-i.jp/

ページトップへ戻る