• 法人のお客様 TOP
  • 研修・技術講習
  • 募集案内申込
  • 通信教育
  • 通信教育申込

学習の進めた方

学習の心がまえ

通信教育は、添削指導をうけ理解度を確かめながら、学習を進めるものです。
したがって、受身ではなく自学自習の態度が大切です。
受講期間は3ヶ月を原則とし、最長6ヶ月間です。

開講(テキスト送付)

テキストは原則として、貴社の事業所教育担当を経由して、受講者あてに配布されます。
受講番号はテスト等の提出時つねに必要ですので、受講票は大切に保管しておいて下さい。

学習とテスト提出

テキストによる学習が終わったら、テストを人材開発センターに送付して下さい。
提出用封筒および送料は受講者の皆さんの方でご用意下さい。
テストはⅠ、Ⅱ、修了と段階を追って進んで下さい。
前段階のテストが合格しないと、次のテストは提出できません。 

テスト添削

提出されたテストは、それぞれ専任の講師によって添削指導され、
講評をつけて事業所教育担当あてに返送します。
添削・講評および郵送に要する期間を約20日間考えておいて下さい。
ただし、夏季(8月)および年末年始は約30日間を考えておいて下さい。

質問票の活用

日常の学習でわからない点がありましたら、職場の上司、先輩、同僚に質問したり、
テキストについている質問票を活用して下さい。

全テスト提出

テストⅠ、Ⅱは遅くても受講開始から3~4ヶ月以内に提出するようにして下さい。
テストⅠ、テストⅡ、修了テストの3種類すべてが合格しないと修了できません。
修了テストはテストⅡが合格した時点で、みなさんに送ります。

合格(修了)

各テスト結果が基準以上の成績をおさめた方には、修了証書をお送りいたします。
ただし、6ヶ月間で修了しなかった方については、修了証書の発行をいたしません。


受講期間(6ヶ月間)とは、受講開始年月+5ヶ月間です。
受講開始年月は、※受講票の受講番号の先頭4桁を参照下さい。

※(例)受講番号:○○☓☓-010-234-56-78-0001
受講番号の先頭4桁(例では○○☓☓に当たる部分)が○○年☓☓月から受講開始したという事です

実務応用

テキストによる学習事項は、積極的に実務に応用し、技術・技能の向上をはかって下さい。

人材開発センターにお問い合わせの際は、
必ず「受験番号」をお知らせ下さい。

テストの送付先 および人材開発センターへの連絡先

〒661-0047 尼崎市西昆陽1-27-1
学校法人 鉄鋼学園 産業技術短期大学
人材開発センター 通信教育担当
TEL: 06-6433-7758

ページの先頭へ

HOME法人のお客様研修・技術講習通信教育〕|個人のお客様通信教育〕|人材開発センターの概要お問い合わせ