お知らせ

「IoT時代のものづくり、ロボット技術を如何に進めるか」シンポジウムのご案内(10/22)

2018.09.07

10月22日(月)13:00~17:10、本学1号館講堂にて、産業技術短期大学ものづくりシンポジウム「IoT時代のものづくり、ロボット技術を如何に進めるか」(企業様向け)を開催します!

「ロボットを活用した次世代のものづくり」をテーマにご意見を交わせていただける貴重な機会ですので、多数の企業様のお申し込みをお待ちいたしております。

なお、本シンポジウムは、本学学生の地域産業学(必修科目)の講義に組み込んでおり、多数の学生が参観する予定です。



産業技術短期大学正門前.jpg



<内 容>

第一部 IoT、ロボット技術を巡る我が国の動向

第二部 近畿地域におけるロボット活用の方策

第三部 阪神地域のロボット導入事例と企業経営へのインパクト事例紹介

<講師紹介>

・一般社団法人日本ロボット工業会 専務理事 冨士原 寛 氏

・川崎重工業株式会社 ロボットビジネスセンター営業企画部長 真田 知典 氏

・近畿経済産業局 地域経済部次世代産業・情報政策課長 森下 剛志 氏

・高丸工業株式会社 代表取締役社長 高丸 正 氏

<事例発表者紹介>

・株式会社ホーユーウエルディング 取締役 豊桝 コズエ 氏 (本社:兵庫県伊丹市)

・株式会社アコオ機工 取締役専務 間鍋 雄樹 氏 (本社:兵庫県赤穂市)

・KPファクトリー株式会社 代表取締役社長 吉崎 真一 氏 (本社:兵庫県三木市)

<主 催>

関西サイエンスフォーラム 産業技術短期大学

<共 催>

兵庫県中小企業団体中央会 尼崎商工会議所 尼崎経営者協会 協同組合尼崎工業会



詳細はこちら

→①企業様向けシンポジウムのご案内(ロボット技術)30.10.22.pdf

→②ご参加される企業様の企業紹介について.pdf

ページトップへ戻る