電気電子工学科

実社会で活躍できる電気・電子技術者になろう!

News

目指せる職業

電気主任技術者、電気工事士 ほか

電気エネルギーに関する技術を中心としたコースと情報社会を支えるIT(情報技術)・ディジタル技術を中心としたコースを2本の柱にしたカリキュラムになっています。

電気電子工学科の特徴

  • きめ細やかな教育指導

    きめ細やかな教育指導

    高校までの勉強に合わせたスタートが切れるように、またハイレベルな技術者や4年制大学への編入が目指せるように授業が工夫されています。

  • 実学教育

    実学教育

    理論の理解、技術の習得に実験や実習は欠かせません。少人数による実験・実習をふんだんに取り入れた授業で、体験的に学びます。

  • 免許・資格の認定校

    免許・資格の認定校

    電気主任技術者、電気工事士など、免許の認定校になっており、所定の単位を修得することにより、免許を取得できます。

カリキュラム

1年次

電気電子工学の基礎を学ぶ

1年次前期から後期にかけて、専門の基礎となる、数学、物理学、電気の基礎を中心に学びます。高校までの学習からスムーズにつながるように工夫されています。

ピックアップ授業

電気基礎実験の風景
  • 電気基礎実験の風景

コンピュータや携帯電話はもちろんのこと、テレビやオーディオなど、世の中のすべてがディジタルになろうとしています。
「ディジタル回路」の実験で、基礎をしっかり身につけましょう。

微分積分学の授業風景
  • 微分積分学の授業風景

電気電子工学では、電磁気学は重要な基礎概念であり、微分積分学は大切な数学です。1年前後期にこれらを連携させながら学びます。演習では、互いに学び合い、教え合いができるグループ学習を実施しています。

科目一覧を見る

2年次

演習中心の授業

2年次になると、電気エネルギー技術、ディジタル技術の科目から興味のある科目、将来のために必要な科目を選択して学びます。

ピックアップ授業

応用実験Ⅱ 誘導モータ
  • 応用実験Ⅱ 誘導モータ

モータは、工場でも家庭でもあらゆるところで使われています。モータのことをよく知るためにその特性を測定します。
電気系の実験テーマには、他にトランス、気体の絶縁破壊があります。

応用実験Ⅱ ディジタル信号処理
  • 応用実験Ⅱ ディジタル信号処理

現在はディジタルの世の中です。アナログ信号とディジタル信号を相互に変換する回路を組み立て、特性を測定して回路の動作を理解します。電子系の実験テーマには、ほかに演算増幅器の応用回路があります。

科目一覧を見る

目指せる資格

第二種・第三種電気主任技術者(実務経験のみで取得可)、第一種電気工事士(実務経験2年短縮)、第二種電気工事士(筆記試験免除)、各種工事担当者(筆記試験一部免除)、第二級陸上・第三級海上特殊無線技士(卒業後申請のみで取得可)、電気通信主任技術者、エネルギー管理士、電気工事施工管理技士(在学中に受験可)

卒業研修

マイコンによる自動車の新制御機能の開発(教授:畑迫 健一)

自動車に新たな機能を追加するために、センサを追加しマイコンによる制御を行って、モーターカーを動かすことを研究開発しています。
今までに開発した機能は、「ぶつからない」、「追跡する」、「帰還する」、「自動運転」であり、さらに開発中です。

マイコンによる自動車の新制御機能の開発

音響装置の設計と製作(准教授:牧 哲朗)

電子機器で音を出力するには、電気信号を増幅してより高品位に音に変換するスピーカシステムが必要です。
そこで、スピーカシステムにおける共鳴周波数の特性等を応用して、音の再生できる帯域の拡大・制御をめざし、装置の設計・製作を行っています。

音響装置の設計と製作

卒業研修テーマ名(一例)

リニアモーターカーの作成、パワーデバイス内蔵LSIとデバイスの研究・マイコンを使用したスマートカーの製作、紫外・可視分光法による水質環境調査、音響装置の設計と製作、メカニカルアイロング法による高窒素鋼材料の開発

実験・実習を見る

教員・研究室の紹介

【藤井 龍彦】研究室教授【博士(工学)】

受験生・学生へのメッセージ

電気・電子は共に目には見えませんが、学ぶほどにおもしろさがわかってくる、奥の深い学問です。身の回りにある電化製品がどのようにして動いているのかを知りたいとは思いませんか?私たちと一緒に電気・電子工学の世界を歩いてみましょう。

授業紹介

私の担当している科目の一つに、電気工学の基礎になる回路理論があります。皆さんのご自宅にあるテレビ、ラジオに代表される電化製品も、この理論を土台とした応用にすぎません。どのような原理を基に電化製品が構築されているのか、一緒に勉強しましょう。

研究紹介

現在、リニアモーターカーの作製・制御の研究を行っています。電気エネルギーを回転運動ではなく直線運動に変換するモーターの原理や構造等を勉強し、効率の良いリニアモーターの作製と、走行の制御を目指しています。

閉じる

【畑迫 健一】研究室教授【博士(工学)】

受験生・学生へのメッセージ

現代社会においては電気無しには生活できないほど、電気は重要な働きをしています。電気の働きの1つはエネルギーとしての役割を持っています。また、別の働きとして、信号や情報を伝える役割を持っています。目では見えませんので、難しい存在になっていますが、重要な働きを行っている電気とはどんなものか、一緒に学んでいきましょう。

授業紹介

私の担当している授業にパワーエレクトロニクス基礎があります。新幹線、工場の機械、家電製品、パソコン、等の電気設備に必要な電気を最適な形に変換して供給し、各設備の性能を最大に発揮させています。どのような方法で電気を変換しているのか、設備の性能をどのようにして向上させているのか、について勉強していきます。

研究紹介

電力供給のためにスイッチとして使用されているパワーデバイスの性能向上、信頼性向上とそのパワーデバイスを高速に、かつ、高精度に動作させる方法について研究しています。SiCやGaNといった新材料についても研究中です。また、マイコンを使用した"ぶつからない"車の設計・試作や電源回路の効率向上についても研究中です。

閉じる

【大杉 茂樹】研究室准教授【博士(理学)】

受験生・学生へのメッセージ

本学の電気電子工学科は、電気主任技術者、電気工事士など、免許の認定校になっており、所定の科目に合格し、実務経験(実際の仕事)などを経た後に「電気技術者試験センター」に申請することで、免許を取得できます。認定校になっている大学等は少ないので、是非、この制度を活用してください。

授業紹介

物理学I・Ⅱ(力学、熱学)、情報処理基礎・応用演習(ウィンドオフィスソフト、C言語)、発変電工学、工学基礎演習(数学、化学等)、電気創造演習(テスターキット製作、電気工事実習等)、電気基礎実験(テスター、オシロスコープ等による測定・観測等)、応用実験Ⅰ・Ⅱ(交流電圧を増幅することができるオペアンプ等)について学びます。

研究紹介

卒業研修テーマ「紫外・可視分光法による水質環境調査」環境水(水道水、河川、湖沼、海)に含まれる不純物の簡易な測定やそれらの装置の精度比較についての検討を行っています。現在は、生命にとって必要不可欠なリンの測定を、光の性質(電磁波)を使い濃度を測定できる紫外・可視分光装置により分析を行っています。

閉じる

【牧】研究室准教授【博士(工学)】

受験生・学生へのメッセージ

フィルムカメラがデジタルカメラに置き換わったように、今後、ガソリン・ディーゼル自動車が電気自動車に置き換わろうとしています。電気電子工学の発展により、従来、電気と直接関係の無かったものまで、電化製品になろうとしています。電気電子工学は、これからますます進化し、ものを「スマート」にさせて行くことでしょう。

授業紹介

私の担当している授業に、「電子デバイス工学」があります。これは、電化製品を「スマート」にさせるためには、無くてはならないものです。例えば、コンピューターの頭脳にあたる「プロセッサー」、デジタルカメラの眼(網膜)にあたる「イメージセンサー」、そして、最近普及し始めた「LED照明」も電子デバイス工学の賜です。

研究紹介

電子機器において音を出力するためには,電気信号を増幅して、効率よく音に変換する装置(スピーカシステム)が必要となります。私たちは、スピーカシステムにおける共鳴周波数の特性等を応用することにより、音の再生できる帯域の拡大・制御ができる、ユニークな構造の音響システムの開発に取り組んでいます。

閉じる

【小川 英典】研究室講師【理学(修士)】

受験生・学生へのメッセージ

電気、電子を使ってないというところは、皆無と言っていいほどあらゆるところで、使われています。電気電子工学科で学ぶということは、そのあらゆることに貢献できる技術者を目指すということです。みなさんの挑戦を待っています。

授業紹介

私の担当している授業の一つに電気材料があります。身の回りには、電気を使って動かす装置として電化製品やパソコン、大きなものでは電車等様々なものがあります。これらは使われている材料の様々な性質を利用して作られています。この材料の性質がどうして出てくるかを勉強する科目です。

研究紹介

研究室では、ずっとメカニカルアロイング法(MA法)を用いて、新しい材料の開発を行っています。MA法で作成した試料は、粉末になるので、そのままでは、用途が限られます。そこで固化成形過程も必要となります。最近は、固化成形の機構の解明や装置開発にも取り組んでいます。

閉じる

卒業後の進路

就職

卒業生インタビュー

産業技術短期大学は、産業界が設立しているため、企業からの信頼も厚く好不況かかわらず就職に強い大学として知られています。
また、学生一人ひとりの「夢」の実現のためにも、教職員が一体となって全力でサポートしています。
そんな本学の魅力を一番身近に感じることのできる、卒業生たちの声をお届けします。

  • 辻 文乃

    辻 文乃

    親身になってくれる進路支援課の先生に支えられました。特に苦手だった面接は、何度も指導してもらったおかげで、本番は面接が楽しいと思えるほどに。自分の強みを見つけるきっかけとなった「キャリアデザイン」、内定先と出合った学内での「合同企業説明会」など、産業技術短期大学には魅力的なサポートがいっぱいでした。

    2013年卒業

    メルコ・コントロール・プロダクツ(株) 勤務

  • 地守 司

    地守 司

    高校の先生の紹介でこの短大を知りました。2年間という短い期間ながら、専門分野の学べる内容は幅広く、基本から応用まで、そして講義とリンクした実験・実習により理解を深めることが出来ます。特に就職面で教職員の親身になったアドバイスや、キャリア教育での応募書類の書き方指導や模擬面接などのサポートは、就職活動において活かすことができました。

    2015年度卒業

    メルコ・コントロール・プロダクツ(株) 勤務

主な就職先

新日鐵住金/JFEスチール/大阪製鐵/合同製鐵/ヤンマー/ダイキン工業/日鉄住金テクノロジー/日立コンシューマ・マーケティング/三菱電機特機システム/西日本旅客鉄道/メルコ・コントロール・プロダクツ/浅海電気/住友精化/大王電機 ほか

編入

卒業生インタビュー

産業技術短期大学では、本学から4年制大学へ進学する「編入学」の実績が抜群です。毎年多くの学生が国公私立大学へ編入学しています。
編入学を希望する学生のため、資料の閲覧や各種相談ができる窓口の開設、編入学の詳しい「編入学アドバイザー」の先生たちなど、様々な体制を整えています。
そんな本学の魅力を一番身近に感じることができる、卒業生たちの声をお届けします。

  • 櫻井 千寛

    櫻井 千寛

    私の姉が産業技術短期大学から4年制大学へ編入した事もあり、私もここで着実に力をつけてから、国立大学へ進み人生を充実させたいと思い、入学しました。この短大では、編入学に対してのサポートが手厚く、編入学対策の授業も充実しております。この大学だからこそ新しいスタートができ、可能性を広げてくれたと思っています。

    2016年度卒業

    島根大学 総合理工学部 編入学

  • 今田 舜也

    今田 舜也

    豊富な編入学実績が魅力で産業技術短期大学に進学しました。ノウハウをもったアドバイザーや担任の先生によるサポートは大きな力になりました。また、対策科目や講座はもちろん、先輩方が残してくれた、各大学の試験内容や傾向、受験した感想などをまとめた資料が、とても参考になりました。

    2016年度卒業

    富山大学 工学部 編入学

主な編入学先

富山大学/徳島大学/島根大学/宮崎大学/高知工科大学/近畿大学/龍谷大学/大阪産業大学/大阪電気通信大学/摂南大学/岡山理科大学 ほか

ページトップへ戻る