• 大学案内
  • 学科
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職・編入学・資格
  • 産官学・地域連携

ものづくり工作センター 

「やってみたい人間大集合」学生の「やってみたい」を実現する工房として「ものづくり工作センター」を開設しています。ここでは、学生のアイデアによるものづくりのプロジェクトを自由に立ち上げることができます。
また,ものづくりの基礎を学べるように、実際に工作機械などを動かして旋盤などの実習を行う拠点としての役割も担っています。



ものづくり工作センターの役割

◎ ものづくり活動の技術指導



プロジェクト活動一覧RSS

ものづくりプロジェクト

産業技術短期大学では、学科間の枠を超え、「ものづくり」の好きな学生が集まってアイデアを出し合い、「ものづくり」に関する企画・設計・製作を行うプロジェクト活動を展開しています。

EVカーProject ~高級車ロータスヨーロッパの革新的再生~

1960年代にイギリスのスポーツカーメーカー・ロータス社が製造していたガソリン車、ロータスヨーロッパをCITモデルのEVカー(電気自動車)にコンバートするための研究を進めております。廃車の状態から革新的再生を実現させ、第8回大阪モーターショーへ出展しました。
この車を一目見たら美しいボディーに魅了されることでしょう。


世界初のガソリン自動車Project ~ベンツ1号車の再現~

1885年にベンツが生み出した世界初のガソリン自動車、パテント・ モトールヴァーゲンを再現し実際に動かしてみようと考えております。
今現在は下準備として、CADの図面を基にした3Dモデリングを作成 しています。
平成26年度より新入生の皆さんと力を合わせて、本格的に製作して いく予定です。

第9回大阪モーターショーへ出展決定!


電池カーProject ~乾電池に夢を乗せたカーレース~

鈴鹿サーキットで毎年8月に開催される電池エネルギー式車両の耐久レースである“Ene-1GP SUZUKA”に、2011年度に初出場し、大学・工専・専門学校部門で優勝することができました。以後、マシンの調整と効率化より徹底し、チーム一丸となって取り組んでおります。


“異次元への挑戦”第8回大阪モーターショーに出展!!

2013年12月20日(金)~23日(日)に開催された、第8回大阪モーターショーは来場者数が30万人を超える大盛況で4日間を終えました。
本学のものづくりプロジェクトでは“異次元への挑戦”と題し、電気自動車に改造した「ロータスヨーロッパ」と「M-VTOL」への乗り込み体験、また学生による製造過程や部品、マシンのスペック説明などの説明を行い、どちらも行列ができるほどの大人気でした!


第9回大阪モーターショーへ出展!

本学のものづくりプロジェクトでは、2015年12月4日(金)~7日(月)まで開催された、第9回大阪モーターショーへ出展しました!
世界初のガソリン自動車「ベンツ・パテントカー」を展示し、大盛況の4日間でした!!


各プロジェクトの詳細はこちら


ものづくりプロジェクトに参加している学生がブログを更新しています!
詳しくはこちら → http://blog.goo.ne.jp/citsangitan

ページの先頭へ

QRコード 産業技術短期大学-未来を開く鍵がある
〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽1丁目27-1 TEL.06-6431-7561 / FAX.06-6431-5998