アドミッションポリシー

Admissions Information

産業技術短期大学のアドミッションポリシー

本学のアドミッションポリシー(求める人物像)および教育目標(在学中に身につける知識・技術など)は次の通りです。

全学科共通

1.入学前にどのような多様な能力をどのように身につけてきた学生を求めているか

本学では、教育理念、ディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえ、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求める。

  • 工学を学ぶうえで、その基礎となる高等学校の教科・科目を習得している人
  • 向上心を持ち、目標に向かって努力できる人
  • ものづくりなど様々な技術的なことに興味、関心がある人
  • 将来、工学分野の知識が必要とされる職業に就き、社会に貢献したいと思っている人

2.入学後にどのような多様な能力をどのようにして身につけられる学生を求めているか

入学後、本学の教育内容を理解し、それを学ぶことによって人間的に成長しようと、自主的に考え行動できる人を求める。

3.入学者選抜の在り方について

入学者選抜は、教科・科目を設定した筆記試験を中心とする一般入学試験と面接等を取り入れた推薦、AO、社会人入学試験により実施する。評価方法はアドミッション・ポリシーに基づき、高等学校において身につけるべき「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等の能力」「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」を、入学試験ごとに比重を設定し評価する。

在学中に身につける知識・技術

幅広い教養と豊かな人間性、自主的に考え行動する力、社会人として必要なコミュニケーション能力、自分の将来を設計する力。

機械工学科

入学前にどのような多様な能力をどのように身につけてきた学生を求めているか

機械工学科では、全学科共通のアドミッション・ポリシーに加え、次に掲げる目的意識・意欲を備えた人を求める。

  • 自動車やロボットなどの機械の仕組みに興味、関心がある人
  • 人や環境にやさしい製品をつくる技術に興味、関心がある人

在学中に身につける知識・技術

工学の基礎としての数学・物理などの知識、設計および機械の基本原理、機械の強度や性能の計算に必要な力学の基礎知識、機械に用いる材料の加工についての知識と技術

電気電子工学科

入学前にどのような多様な能力をどのように身につけてきた学生を求めているか

電気電子工学科では、全学科共通のアドミッション・ポリシーに加え、次に掲げる目的意識・意欲を備えた人を求める。

  • 電気機器の制御の仕組みに興味、関心がある人
  • 電気エネルギーの発生や利用に興味、関心がある人

在学中に身につける知識・技術

工学の基礎としての数学・物理などの知識、電気・磁気の性質、電気回路などの知識、発電・変電などの電気エネルギーに関する知識、ICやマイコンなどの特性や機能に関する知識

情報処理工学科

入学前にどのような多様な能力をどのように身につけてきた学生を求めているか

情報処理工学科では、全学科共通のアドミッション・ポリシーに加え、次に掲げる目的意識・意欲を備えた人を求める。

  • プログラミングやシステム構築に興味、関心がある人
  • ネットワーク、情報通信技術に関心がある人

在学中に身につける知識・技術

工学の基礎としての数学などの知識、情報技術に関する基礎知識、プログラムを作る技術、ネットワークに関する知識、多様なソフトウェアを充分に活用できる能力

ものづくり創造工学

入学前にどのような多様な能力をどのように身につけてきた学生を求めているか

ものづくり創造工学科では、全学科共通のアドミッション・ポリシーに加え、次に掲げる目的意識・意欲を備えた人を求める。

  • 機械系科目を基礎に幅広く学び、ものづくりをしたい人
  • コンピュータを活用した設計・デザインに興味があり、ものづくりに関心がある人

在学中に身につける知識・技術

工学の基礎としての数学・物理などの知識、機械の基本的な原理、金属を加工したり、機械を組み立てるための技術、CADや CGを使った設計・デザインの基礎知識

ページトップへ戻る