お知らせ

アーク溶接特別教育を実施しました。

2019.01.24

 産業技術短期大学では、119()20日(日)の2日間にわたり近畿中小企業溶接事業協同組合、並びに兵庫県立武庫荘総合高等学校と協力して「アーク溶接特別教育」を実施し、本学から1年生15名、兵庫県立武庫荘総合高校からは3名の生徒が参加しました。

 アーク溶接は、私たちが普段目にする電気溶接作業ですが、国の法律(労働安全衛生法)により、アーク溶接作業従事者には、アーク特別教育を受講、終了することが義務付けられています。産業技術短期大学の学生が、この特別教育を在学中に受講することにより、アーク溶接の実技、安全に関する知識を身に付けるとともに、ものづくりの楽しさや難しさを体感するという貴重な体験を得ることができます。

 この特別教育は、兵庫県立武庫荘総合高校が保有する全国トップレベルの溶接研修設備を活用させていただき、同校の生徒も参加という、全国的にも珍しい「高大協力による人材育成研修」として初めて実施したものです。

 初日は、溶接の仕組みや安全対策についての講義、2日目は溶接実技というプログラムで熱心に取り組み、参加者全員が見事に修了証を授与されました。

参加者は、アーク溶接のダイナミックな作業を初めて体験し、就職にも有益な知識を身に付け、有意義な研修会となりました。

p2.png

p1.pngp3.pngp4.png


ページトップへ戻る