• 大学案内
  • 学科
  • キャンパスライフ
  • 入試案内
  • 就職・編入学・資格
  • 産官学・地域連携
産官学・地域連携

研究内容

教員研究内容

産官学技術交流および大学知的財産移転の推進について

 今日、大学には社会使命の一つとして、大学の所有する知的財産の社会への還元が強く求められてきており、企業と大学が積極的に交流することで、双方の基盤・応用技術の向上・開発や人材の交流・確保などを促進することができます。
 本学は、昭和37年に社団法人日本鉄鋼連盟の発起より設立された短期大学として、現在も新日本製鐵・JFEスチール・住友金属工業・神戸製鋼所をはじめとする産業界から派遣された社会人学生を受け入れ、特徴ある教育を展開しています。

 そのため、短期大学ではありますが、70%の専任教員が博士号を取得し(短大平均は30%以下)、修士号以上の学位取得者が90%にのぼる教員組織となっており、その研究分野も多方面にわたっています。

 本学では、教員のシーズを基に産業界のニーズに応えるため、地元尼崎市において、「尼崎市産学公ネットワーク協議会」に参画しており、本学教員による研究内容説明会などを行っています。今後とも、尼崎市・(財)尼崎市産業振興協会・(協)尼崎工業会などと連携を図りながら、さらに産学交流をすすめていきたいと考えています。

 まずは、教員研究内容一覧のページ(学科別)も参考にしていただき、下記までお気軽にお問い合わせください。

問い合わせ先

〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽1丁目27-1
産業技術短期大学 事務局 産官学連携推進室
TEL 06-6431-7561(代表) FAX 06-6431-5998

教員研究室写真
教員研究室写真


ロボット模型(企業との交流)


学内発表

ページの先頭へ

QRコード 産業技術短期大学-未来を開く鍵がある
〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽1丁目27-1 TEL.06-6431-7561 / FAX.06-6431-5998