資料請求 アクセス Facebook LINE Twitter Instagram

特待生選抜入試

Admissions Information

産業技術短期大学の特待生選抜入試(概要)

合格者は授業料および学園維持金を原則として2年間免除

合格者は、授業料および学園維持金を原則として2年間全額または、半額免除します。
ただし、1年次後期末時点での取得単位数が40単位以上、かつ原則としてGPA が2.5以上でなければ、2年次では特待生資格を失い授業料および学園維持金の免除が取消しとなります。

特待生選抜入試に不合格でも、同じ区分の一般選抜入試(Ⅰ期、Ⅱ期、Ⅲ期)の合格基準に達している場合は、同じ区分の一般選抜入試合格者として認定します。

また、特別推薦など本学専願の入試合格者は既に合格した学科への出願を認めます。
※詳細又は出願の際は必ず本学入試広報課へご連絡下さい。

特待生選抜入試

  • 次の学力検査と調査書を総合して「学力の3要素」を判定し、合格者を決定します。
  • Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期・・・・・・・・・・2教科受験
Ⅰ期 Ⅱ期 Ⅲ期
選考日時 2月6日(月) 3月2日(木) 3月22日(水)
合格発表 2月9日(木) 3月8日(水) 3月25日(土)
教科 数学 および 英語
2教科
10:30~12:30 120分(1教科60分)
出題範囲 数学
数学Ⅰ(集合・命題・データの分析を除く)
および数学Ⅱ(全範囲)

英語
コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ
および英語表現Ⅰ
「読む(reading)」および「書く(writing)」の2技能を評価する筆記試験です。

※入学試験に関する詳細は、資料請求もしくは、ページ下リンクの「2023年度入学試験要項(14~17ページ)」を参照してください。

自己推薦書 ダウンロード方法

自己推薦書の作成が必要な場合はこちらからダウンロードしてください。

高等教育の修学支援新制度について

産業技術短期大学は、住民税非課税世帯または、それに準じる世帯を対象にした高等教育の修学支援新制度(大学等における修学支援に関する法律)の対象大学(同法律では「確認大学等」と定義されています。)に認定されています。

同制度申請者が認定候補者に決定した場合、本学所定の納入猶予手続をとることにより、入学金および授業料等の学納金を一定期間猶予する場合があります。

詳細はこちらでご確認下さい

ページトップへ戻る